チャイルドシートの事

安全のためにチャイルドシート

子供の為のチャイルドシート

自動車は運転するのが大人であるため仕様もそれ合った作りになっています。その為子供を乗せる場合基準が違い安全性が欠けるのでチャイルドシートが必要になります。チャイルドシート対応年齢は0歳から10歳まであります。乳児用が一切までで幼児用は1歳から4歳が目安でそれ以上は学童用で10歳までとなります。自動車にただ設置するしないだけで死亡重傷率が2.1倍程度違います。また適正な設置も相当大事で不適正な使用をすると死亡重傷率が約6.0倍ととんでもない事になります。そのため確実に適正な設置をする事が最も重要です。

乗車中の子供を飽きさせない工夫

子供にとって長時間のドライブは退屈なものです。大人は自動車の運転に集中したり景色を眺めたりと、ドライブを存分に楽しむことができるものですが、子供には乗車中に何らかの手立てを講じなければ、苦痛すら与えてしまう可能性があります。そのような場合にはアニメのDVDを用意しておき、車載モニターで映像を流すという手段がおすすめです。後部座席に座った状態で見られる後部専用のモニターを取り付けておくと、ドライブ中にも退屈しないで家族一緒に楽しめるようになるものです。自動車用品店や通販サイトでは、比較的リーズナブルな車載モニターが販売されていますので、設置を検討してみてはいかがでしょうか。

子どもと自動車の情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 安全のためにチャイルドシート All rights reserved